帝国ホテル

帝国ホテルは高級ホテルのなかでも老舗の存在である歴史あるものです。
日本で最初に帝国ホテルがオープンしたのは、なんと明治時代。
あの鹿鳴館と隣接しており、多くの当時のセレブたちが利用したようです。

その後もさまざまな経緯をたどりながら運営を続けた帝国ホテルは、現在では日本国内に3箇所あります。
まず、東京千代田区にある帝国ホテル東京。そして、リゾート地としても人気の高い長野県の上高地にある帝国ホテル上高地。
さらに大阪の天満橋には帝国ホテル大阪があり、いずれも高級感ある落ち着いた雰囲気で宿泊できる空間となっています。

帝国ホテル東京は、客室と宴会場に加えて、3箇所の結婚式場とたくさんのレストランやバーで構成されています。
レストランには、フランス料理や懐石料理、本格的な中華をはじめ、伝統ある京料理や江戸前のすし、気軽にお酒を楽しめるバーまでさまざまなものがそろっており、大切な時間をゆっくりと過ごすことができます。

また、ホテル内にはプールやサウナ、フィットネスルームなども用意れており、さらには会議室や楽器練習のできる部屋など、ありとあらゆるサービスが用意されているのです。

帝国ホテルの宿泊室は、もっとも手頃な価格の「スーベリア」で1泊4万3000円ほど。
もちろん、安価なホテルとは違って部屋のすみずみまでこだわり抜かれており、ゆっくりと時間を過ごすことができるようになっていますよ。
また、最高級のスイートルームからは、銀座をはじめとした東京の街が一望でき、アメニティにはミネラルウオーターやシャワー用のジェルなどもつくなど、豊かな1日を過ごせること間違いなしの内容となっているのです。

そして帝国ホテルといえば、オリジナルの商品も有名ですよね。
帝国ホテルのレストランで提供されているメニューを再現したスープやシチューなどの缶詰や、パンやジャム、さらにはパイやケーキと言ったスイーツ類は、贈り物の商品としても人気が高いものです。
これらは帝国ホテル内のショップのほか、東京駅や羽田空港、成田空港でも購入することができ、さらにはオンラインショッピングも用意されていますよ。

歴史のあるホテルには、その歴史によってつくられた重厚感や独特の雰囲気があります。
そんな雰囲気と、東京の中心地にあるロケーションが、帝国ホテルの魅力なのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。