東京タワーのライトアップはすごい!

東京タワーの注目すべきポイントの一つは、なんといってもライトアップ!
オレンジ色が定番たけど、じつはそれ以外にもたくさんのバリエーションがあるんだ。

クリスマスには、キャンドルをイメージした光が夜空に浮かび上がる特別イルミネーションも見られるらしい。
また、見ている人にメッセージを伝える役割もしているみたい。
10月1日の「乳ガン早期発見啓発キャンペーン」や、11月14日の「世界糖尿病デー」には、それぞれのテーマカラーになっているピンクとブルーライトアップが行われる。
これはよく、テレビでも話題になっているよね。

定番のライトアップは「ランドマークライト」という名前なんだけど、実はこれも夏と冬で色合いが違うって知ってた?
夏は涼しげな白ベースのライト、冬は暖かいオレンジを強調したライトになっているんだ。
しかもこの色の違いは、電球の種類の違いなんだって。
さすが東京タワー!細かいところまで配慮されているんだね。

ランドマークライトと交互に点灯される「ダイヤモンドヴェール」は、文字通りダイヤみたいな光がタワー全体を包んだ、迫力のあるライトアップ。
カラーバリエーションはなんと7色もあるんだって!
しかも、上半分と下半分が違う色の時もあるとか。
これなら、何度行っても飽きることがないだろうな。
東京タワーが「定番スポット」と呼ばれる理由は、こんな所にもあるのかもね。

最近注目されているのが、「ブラックイルミネーション」というイベント。
はじめて聞いたときには、「黒いイルミネーションって何?」って思ったけど、これは要するにライトアップを消すということなんだ。
毎年、夏至と七夕に実施して、節電やエコへの取り組みを呼びかけているんだって。
たしかに、普段ついているライトが消えていたら、「あれっ?」って思って、逆に注目しちゃうかもね。

キレイなのは外側だけじゃない。
大展望台でも、期間限定のイルミネーションをやっていることがあるんだけど、これがまた、すごく素敵なんだよね。
とくに有名なのは、七夕とクリスマス、春に実施される「3大イルミネーション」。

七夕のイルミネーションは、「天の川イルミネーション」と呼ばれて、ブルーの光に
覆われた展望台に天の川が出現するんだって。
クリスマスには、大きなツリーとたくさんのモニュメントが飾られて、超人気のデートスポットになる。
こんなところでプロポーズされたら最高だよね。
2月中旬から3月末にかけての「Tokyo Warm Light」は、春の暖かさをイメージする柔らかいイルミネーションだそう。

1年中楽しめるのが東京タワーの魅力なんだね。
また行きたいなぁ…。

コメントは受け付けていません。