‘東京の歯科医院’ カテゴリーのアーカイブ

原デンタルオフィス

原デンタルオフィスは、インプラント治療を専門とする歯科治療医院です。
インプラントというのは、歯が虫歯や歯周病、あるいはけがやその他の病気などで抜けてしまったり、あるいは麻酔をかけて抜いてしまったあとに、違和感なくものをかめるように人工的にはをつくる治療のことです。

従来では、歯を抜いてしまった場所にはを再生するとなると、その場所の左右の歯から金属をつかって義歯を固定したり、あるいは入れ歯という方法をとっていましたが、こういった方法ではどうしても、歯と歯ぐきのすき間ができてしまい、そこに食べ物が挟まったり、ずれて痛くなったりというトラブルが起きやすくなっていました。

それを解消する新しい技術として注目されているのが、インプラントです。
インプラント治療というのは、歯が抜けたあとの歯ぐきに、人工的な歯根を埋め込んでその上に歯をつくるという治療法です。
歯根からきちんとつくるので、まるで自分の歯のように違和感なく噛めるというのが大きなメリットなのだとか。

原デンタルオフィスでは、そんなインプラント治療に特化して、インプラントのなかでもとくに最先端の技術や治療方法をとりいれています。
たとえば、大規模は歯の治療ではどうしても骨をけずるような治療が必要となってしまうのですが、原デンタルオフィスで導入している「OAMインプラント」という方法は、人工の歯根を埋め込む時にもできるだけ骨を削らずにすむように工夫されています。
歯根を埋め込むときにごく細い針を使って穴をあけていくので、負担がすくなくて済むのだそうです。

また、歯医者というと多くの人がまず心配するであろう治療時の痛みも、原デンタルオフィスではほとんどなく治療できるようになっているのだそうです。
事前にしっかりと検査をして、最小限の処置だけで人工歯根を埋め込むことができるようにするので、時間が余りかからないのも嬉しいところ。
また、麻酔の注射をする前に歯ぐきに表面麻酔をかけ、麻酔液の冷たさによる不快感がないように薬剤を温めるなど、少しでも苦しい思いをせずに治療ができるようにあらゆる面から配慮がなされているのです。
また、治療が終わればすぐにものを噛んでも良いなど、通常の生活の戻れる点も嬉しいところ。
歯の治療というのは、体や日常への負担がまず心配になるものですから、これらのことにしっかりと対策をとってくれるクリニックというのは、とてもこころ強い存在ですよね。